ニキビ治療について知りたい

Acne treatment / 価格

ニキビを治療するニキビをしっかり治療するために、治療を行う間に知っておきたい事として、
ニキビ治療の価格があります。

ニキビを改善するために、洗顔をこまめにしたり、ニキビケア用の化粧品を使用したり、
自分なりに努力をしても改善が見えない時には、皮膚科を受診するのもひとつです。

費用がかかる

ニキビは尋常性ざ瘡という疾患でにあるため、皮膚科で治療を受けた時には
適した薬が処方されます。

面ぽう圧出や外用レチノイド、抗菌薬などの医薬品も、皮膚科での治療では
保険適用で、3割負担で治療ができます。

保険適用であれば、治療かかる飲みくすりや、塗り薬の価格は2千円くらいです。
安い費用でケアできるため、早めに治療はスタートしたほうが良いです。

金額


ただし自由診療の、美容系のクリニックになると、ニキビ治療にかかる金額は高くなります。

レーザー治療などを行うことになれば、1回の施術でも、2万円から3万円は費用がかかります。
完全に治すまでには、回数も必要なため、金額ももっと高額になります。

 

レチノイドの紫外線防護作用とニキビ治療について

もし費用を安く抑えながら対処をしたい場合は、外用レチノイドが有効的です。
そしてアダパレンという薬が定番となっています。

ニキビは皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こすことが原因で、初期段階ではコメドというただ皮脂が詰まっただけの状態です。
そのまま放っておくと赤い腫れ上がりを経て黄色く膿んでいくため、早めに対処した方が良い段階です。

アダパレンは細胞の成長を促進する働きがあるため、肌の異常であるコメドを古い組織として排出して治すことができます。
これはレチノイド由来の作用で、その他にも紫外線防護作用で肌を悪い刺激から遠ざけたり、美白といった効果もあります。

さらに炎症にも有効なので、赤く腫れている状態でも使用できます。
基本的に使用するのは就寝時で、水分によって分解されてしまうため、洗顔後の乾いた肌に塗布します。

また外用レチノイドには他にもいくつかの種類がありますが、それらと比べて光で分解されないという強みもあります。
そのため就寝時以外でも効果を発揮させることができます。

ただレチノイドの性質として紫外線に過剰な反応をすることがあるため、直射日光など強すぎる光は避けなければなりません。
あくまでも夜を中心にしながら、日中で使用するのであれば専門家の指示を仰ぎながらにしましょう。

正しく使用すれば高い効果が期待できる薬で、副作用も少なめです。

しかしその効果を正しく発揮させるためには、間違えないように気を付ける必要があります。